【カンヌ速報】PROMO&PR部門ダブルグランプリ!

第57回カンヌ広告祭の真っ最中ですが、オフィシャルサイトに先行してAdvertising Ageで
プロモ部門とPR部門の二部門ともにグランプリを獲得した作品が発表されています。
(ダイレクト部門も発表済みですが順々にお届けしまーす。)


ダブルグランプリの栄冠に輝いたのは…
アメリカのペプシコ社の飲料ゲータレードの「REPLAY(リプレイ)」というキャンペーン!


どんなキャンペーン?!
15年前にライバルとして闘ったことのある高校のフットボールチームが15年ぶりに再度マッチを行う、という映画みたいな企画。当時は引き分けてしまい、消化不良のまま過ぎてしまった15年に決着を付けようじゃないか、と。ゲームまでの4ヶ月をオンラインでドキュメンタリーエピソードとして流し、試合はFoxのスポーツネットで放送。30代半ばのスポーツを忘れた男たちが、練習に励み、ゲータレードを飲み、肉体改造をする。予告編を見ているだけで結構グッときます。この試合のチケット、90分で10000枚売れたそうで、その反響の大きさが伺えます。





グランプリを獲った勝因は?!
審査員たちがこの作品をグランプリに選んだ理由として「リアル」「真実」「嘘っぽくない」などというキーワードがあげられるとのこと。満場一致ではなかったものの、大多数から支持されてのグランプリ獲得につながったそうです。一方、審査員に不評だったのは「お金がなかったので、PRに転じました」的なキャンペーンだったそうな。






全体として、プロモ部門はゴールド×8、シルバー×20、ブロンズ×26でした。
PR部門の方は、出来て2年目にしてエントリー数が32%増え、ゴールド×11、シルバー×32、
という結果になったそうです。




会場でのグランプリに対する反応はどうだったのかちら。。気になるところです!




yui

コメント