【その他】iAd と電気自動車 Nissan Leaf の紹介ビデオ 訳つき



なんだか、すごい時代になって来ました。
自動車は電気に。
広告はOn Demandに。
いやーん。

というわけで、
Nissanのマス市場向けのLeafという車種の広告が、
iPhone上で動くiADという新しい広告媒体(と言っていいと思う)で
展開される事を紹介してるビデオです。

出だしは、Leafの広告 そして、途中からiAdの説明…
いやーん。

ナレーターの声が栗田貫一さんに聞こえるのは私だけでしょうか…
いやーん。

という訳(わけ)で、
長いですが、
訳(やく)です。
一部聞き取れず不明部分あり。
ごめんなさい。




Nissan Leafです。100%電気で走ります。
ガソリンは使用しませんし、排ガスパイプも有りません。
マスマーケットに始めてお目見えする電気自動車です。
すでに、40,000台の予約を頂いております。

そして、こちらは、iPhoneです。
こちらも、100%電気で動きます。
何百万人ものiPhoneユーザーとNissan Leafはパーフェクトマッチです。

お気に入りのアプリで最新のニュースをチェックしている所を
想像してください。
スクリーンの下にバナーが現れます。
これが、Nissan LeafのiAdです。
iAdの先駆けのなる物です。

他の広告とは違い、iAdは本体の中にあり、
ブラウザに回される事が有りません。
よって、シームレスな体験が可能になるのです。

見てみましょう。

『これは、平和爆弾です。
物を破壊する代わりに、
物をより良い物にするのです。
これは、2411年に発明された反物質チップで可能となった技術です。

この技術は、電気宇宙船で建設されたスペースエレベーターに代わり、
テレポーテションで2236年に月に行った時発見された新種の○○○(←ごめん判読不明)
が可能にしたものです。

そして、元はといえば、2010年に登場した一番素晴らしい発明が元となっているのです。
完全な電気自動車『Nissan Leaf』 』

ビデオは、車体とメニューアイコンを指で回すメインメニューにシームレスに乗り代わります。
iADはiPhoneの機能をフルに活用出来ます。
タップ・スワイプ・スピン・そしてスムースなアニメーションのきっかけとなるシェイク。
高画質ビデオ、美しい描写性能。
また、スクリーンの下にあるアイコンをタップする事によりメニュー画面にすぐ戻る事も可能です。

それぞれのセクションではNissan Leafがこれまでの語彙をどのように替えて行くかを
伝えられるようなデザインになっています。
例えば、
『マイルズ per ガロン』(1ガロンのガソリンで走行出来る距離=燃費)とは言わずに、
『マイルズ per ドル』(1ドルで走れる距離)と言うのです。
新しいスペックは"Less is more"という考え方が正しいものだと証明しています。
新しいドライバーはiPhoneから予約が出来きます。
新しい懸賞は、新車があたるチャンスを皆さんにお届けします。
クローズボタンを押すだけで、元のアプリの元居た所に戻る事が可能です。

これは、Nissan Leafその物と同じ様に、直感的で革新的で、エキサイティングな
ブランドエクスペリエンスなのです。

コメント