【Shortfilm】CHANEL ショートフィルム The tale of a fairy



シャネル、
エレガントですね。

監督は、Karl Lagerfeld.
映画全体はこちらで見られます。
25分近くあるから時間のあるときにどうぞ。


『こうゆうシチュエーションで私のデザインした服は着てね。
シャネル着て、地下鉄乗っちゃいけません。
少なくとも、タクシーで。
いや、もっというと、リムジン。
理想は、お抱えの運転手で移動して欲しいです。』
と言わぬばかりの世界観炸裂ショートフィルム。

Tom Fordのシングルマンもそうでしたが、
やっぱり、
デザイナーという職業は、
本当に、確立し、一貫した世界観があるのだな。
と思いました。

いやー、人生、大変だろうなあ。
自分の好みでは無いものに触る事のストレスは大変だろうし、
かといって、現実はそう好みの物ばかりという訳にはいかないからねえ。

登場人物が誰一人として、
幸せそうに描かれていないのは、
ラガーフェルドは、そうゆう世界が好きだからなのでしょうか?
あ、シングルマンも不幸な話だったし、
モードは不幸なしでは語れないのか?

わたしゃ、
こうゆう家で、幸せに暮らしたいです。



コメント