【カンヌライオン2011】プレス・サイバー・デザイングランプリ発表!

はい、連日発表ラッシュですね。
本日は、プレス・サイバー・デザインです。
長いっす。

プレス グランプリ






JWT上海のサムソナイトのキャンペーン。
『HEAVEN AND HELL』天国と地獄。

カンヌのオフィシャルHPの説明によれば、
ファーストクラスに座っているユーザーのHeavenly(天国の様な)環境に比べ、スーツケースがHellish(地獄の様な)扱いを受けている様をくっきりと描く事、そして、そんな乱暴な扱いを受けたスーツケースでも、輝く様に現れる、頑丈なスーツケースである事を表現する事が目的だったの事。

いやー。作るの大変そうですね。


はい、次。
サイバー グランプリ。
正直に言いますが、
カテゴリーがもう、良く分かりません。
サイバーカテゴリーの中に、3つグランプリが有ります。

それぞれ…
バイラル広告
Pay with a Tweet (お支払いは『つぶやき』で)
Pay with a Tweet - Case Study - OMG version from Leif on Vimeo.

ものすごーーく、はしょって説明させて頂きます。
元々は、このシステムを考えた人達が、
自分たちの本のプロモーションをする為に考えた仕組み。
お金を払って商品(デジタルブックとか、本とか)を買う代わりに、
Twitterやフェイスブックで、その商品についてつぶやく事で商品を手に入れる事が出来るという、新たなマーケティング手法(だよね。)の提案でした。
いやー、頭いいですねぇ。
ちなみに、
に行くと簡単に Pay with a Tweetボタン作れます。
電子試供品キャンペーンって感じですね。

デジタル先導型インテグレイテッドキャンペーンのグランプリは、
(ちなみに、日本語カテゴリー名は勝手に作ってます。正式名称じゃないからね。)
OLD Spice.
去年は、フィルム部門で同キャンペーンがグランプリを取ってましたね。その成功を引き継ぎ、さらに深い関係をファンと築く為に、リアルタイムでOld SpiceガイがYoutube FacebookやTwitterのコメントに対して返事をするというインタラクティブキャンペーンでした。
オールドスパイスのYoutubeチャンネル大変な事になってるもんね…

そして
Website&Microsites
GoogleがChromeのHTML5の力を見せつけるために、Arcade Fireというバンドと組んで作った、Arcade Fireのプロモーションサイト。

すごいの。
Webブラウザ越しにPVを見る感じなんだけど、
PCモニターのモニターの中でカットが勝手に変わる感じ。
(ああ、説明しにくい
で、もっとすごいのが、自分の子供の頃の家の住所を入れると、
PVの中にGoogleMapのサテライト映像やストリートビューを使った、映像が出てくるのー。
それだけなんだけど、なんだか、歌が10倍位よく聴こえます。
未来のPVはこうなるのかねぇ…

ちなみに、ここで見れます。ぜひやってみてくださいまし。


そして、デザイン 

ちょっと、かっこいいのよ。
アイデアは日本でも時々見る、モニター柱。
でもね、さすがデザイングランプリ、モニターの配置の仕方、それから
流れているビデオコンテンツのクオリティーの高さ。
ほんと、日本のパブリックスペースのデザインも、もっと大人になればいいのに。
ちなみに、クライアントはThe Cosmopolitan of Las Vegas というホテル。
デザインは、Digital Kitchen Chicago.
です。

ああ、長い。
明日はいよいよフィールムーぶーもーん発表です。
明日もよろしく!!


コメント