【その他】iCould発表!英語ページに書いてある事の概略。

昨夜、発表になりましたね。
途中咳き込んだりなさってましたが、
相変わらずのスティーブ節が聴けて何よりでした。

意外と日本語で説明がしてある所が少なかったので、
Appleのオフィシャルサイトにある内容をかいつまんで…
書くつもりだったのですが、
かいつまめなかったので、

最初にまとめと疑問
iCloudは殆ど無料。(iTune Matchは有料。)
自動的に自分のディバイス(の中身の一部を)同期してくれるクラウドサービス。
サービス開始は今年の秋。モバイルディバイス様のiOS5も同じ頃リリースの模様。

疑問は、わたくしの
Mobile meはどうなるのでしょうか…
がーーーーーん。


では、長いですが…。

iCloudとはなんじゃ?

iCouldはあなたの
音楽・写真・アプリ・カレンダー・書類等を保管。
自動的に全てのディバイスにワイヤレスでプッシュ。
あなたは何もする必要はありません。
とあります。

これまでのクラウドサービスと違うのは、
全てが自動で行われる事。
iCloudが全部やってくれます。とあります。

無料提供されるのは、5GB。
あら、意外と少ないわねえ。と思ったら、
iTuneで購入した音楽、App Storeで購入したアプリやe-book。
そして、Photo Stream(後ほど説明)は、その5GBにカウントされないとの事。
で、残るE-mailや書類・カメラロール・アプリの設定データ等
そんなに、データが重たく無いものが5GBに保管される。
という事らしいです。

(わたくし、個人的にはメールと写真とビデオが一番重いと思うんですが…)

で、
iTune in the Cloud
というサービスは、
iTuneストアで購入した音楽が自分のディバイスの全てに自動的に同期されるサービスの模様。

これは、ちょっと、便利ですね。で、ちなみに、新しいディバイスを買った場合でも、購入履歴から
すでに購入した音楽をダウンロードしてくれるみたい。(ここまではタダ)

で、もっと便利そうなのが、
iTune Match
というサービス(有料ね$24.99)
さっきのサービスは、iTuneで買った音楽限定でしたが、
こちらのサービスは、
CDから落とした音楽や、
iTune以外で購入した音楽をクラウドに乗っかっている様に扱える様にできる物。
自分のコレクションの中でiTuneに有るものを自動的に判別・クラウドライブラリーに追加。
追加された音楽はどのディバイスからでも、いつでも視聴可。
(iTuneにリストされていない音楽は自分でUploadする必要が有るみたいだけど、全部やるより全然早いよね。)
で、再生は自分が持っていたオリジナルの音質に関わらず、256kbs iTunes Plusですって。
って事は、結構な速度のWifiが必要なのですね。きっと。むむむむ。

そして、
Photo Streamは無料。

ちょっと便利そう。

簡単に言うと、iPhoneでとった写真が、自動的に全てのディバイスに同期されるという物。
意外と撮った写真て整理しないですよね。
で、モバイルディバイスには、最新1000枚の写真が保管されて
Mac本体やPCにオリジナルが保管される事になっているらしいです。
で、もちろんApple TVにも同期。テレビで見れます。

で、あとは、
App Storeで購入したアプリが同期したり、
E-bookが同期したり、
iWorkの書類はどのディバイスからいじっても、最新版に同期されたりする見たいです。
あ、あとスケジュール・コンタクト・メールも同期。

おおまかにはこんな感じでした。
楽しみですね。

で、
Mobile Meはどうなるのよーー。
どうすみ分ければいいのよーー。

ちなみに、
内容は全て2011年6月7日(日本)時点で
アメリカのAppleのページに掲載されている内容をまとめています。
念のため。


たき


追伸:2011年6月10日


Mobilemeについて、Appleからメールが送られてきました。
お客様のMobileMeメンバーシップは、自動的に2012年6月30日まで延長されます。そのための追加料金は発生しません。その後は、MobileMeをご利用いただけなくなります。
だそうです。
うれしいのか?
タダになるんだからうれしいのか…。








コメント