【コネタ】未来は今。非オフィシャルiPhone5のコンセプトビデオとCelluon Magic Cube レーザー キーボード。かっちょいい!

これ、見ました?
かっちょいー。
未来ですね。

サンフランシスコのCG屋さんaatama studioさんが、
『iPhone5の正式発表まで、これみて楽しんでね』
と、彼らが考えるコンセプトビデオとしてお造りになられたもの。

超薄型でレーザーキーボードでホログラムスクリーン。

むーーーーーん。
まさに、トロンの世界がここに…

『ま、とはいえ、実現は遠いわよね。』
と、高を括っていたら。

あら、やんだ。
奥様、未来はここに!!!!

すでに一部(?)商品化!
プロジェクションキーボードの登場です。
訳とって見ました。

====================
あなたの指先の可能性を広げる
Celluon Magic Cubeのご紹介です。

Magic Cubeはプロジェクションキーボードそして、
マルチ タッチ マウスとして機能する、
2つの入力方法が一つになった革新的な商品です。

フルサイズキーボードをは、レーザー投射で表現され、
殆どの不透明で平な小さなスペースで使用可能です。

Magic CubeはタブレットPCやスマートフォン、
ラップトップ、デスクトップPCとの相性が非常によく
新しいモデルのiPhoneやiPadそしてiPod Touchを含む
Blue tooch HIDをサポートしているモバイルディバイスであれば
ドライバをインストールする事なくお使い頂けます。

また、非常に小型軽量で持ち運びに便利な上、
充電可能な長時間駆動するバッテリー搭載。
されに、ユーザーがレーザー投射を停止し
駆動時間を長くする省エネモードも搭載しており、
再び使用を開始したい場合でも、
簡単なジェスチャーで行う事が可能です。

パターンプロジェクターは単にキーボードを投射するだけですが、
Magic Cubeが独自に開発・特許取得したEPTテクノロジーと呼ばれる、
赤外線を利用した3次元空間指位置把握テクノロジーを用いた
オプティカルセンサーを使用する事で実現可能になった商品です。
赤外線を使用している為、
通常のキーボードとは若干タイピングの方法が違いますが、
すぐになれて頂けると思います。
まず、手の平を机の上に置き、
指を投射キーボードの上に上げタイプして頂きます。

キー配列は投射されたものを視覚的に、
そして、キーストロークの音でも確認をして頂く事が可能です。

一本指タイプ方から初めて頂き、
なれて来たら指を増やしてゆくというのが一般的な使われ方です。

それほど練習が必要な訳ではありませんのでご安心ください。
また、それぞれのお客様が一番使いやすい形でお使い頂ければと思います。

MagicCubeは非常に正確なレーザーフルサイズキーボードであり、
小型軽量で殆どの場所に御持ち頂く事が可能であると同時に、
マルチタッチマウスとしてもお使い頂く事ができ、
通常のマウス操作が指先だけで可能になります。

設定は非常に簡単で、Bluetooth経由でPCやスマートフォンに接続されます。
Apple iOS4, Mac OS X(10.4以降) Windows XP, VISTA,7
Windows phone 7 
そして、Google Android2での動作確認が取れています。

充電は専用のUSBケーブルを通して行います。
また、USB経由での使用も可能です。
本体は頑丈な素材を使用して作られておりますので、
汚れにくく掃除も簡単な上に可動パーツはありません。
"A World Of Possibilities At your Fingertips  Celluon Magic Cube"
==========================
だって。
なんだか、ショップチャンネルみたいな訳になっちゃいました。

久々に、
『全く不要ながら買っちゃおうかなガジェット』の登場です。
しかしながら、
Powerbookはキーボードついてるからいらねえし、
iPhoneはおろか、iPadも持っていないので、
誰か購入の上、使用感を是非お知らせください。
ここで、予約受け中の模様!

ちなみに、わたくし、
レーザー大好きです。
スモークがんがん出てる所で、
ビャーーーーーーーってくると、
ついつい両手が上がってしまいます。
レーザーの復活を心より願っています。
VIVA 80's!!!!!
VIVA Disco!!!

たき




コメント