【キャンペーン】New OLD spice Guyの挑戦-その3






そして、まだまだ、続きます。
予告通り、オールドOld Spiceガイのお返事ビデオ。
このビデオのセリフの意味も分かりません。


ちなみに、この訳はヒン助がやってくれました。
長かったね。
お疲れさまだったね。


================



やぁ、レディーたちと、ハンサムな男たち。
しばらく地球を離れていたんだ、
心配させてしまったなら申し訳ない。
謝罪の意味も込めて、君たちにプレゼントだ。
今年のプロアメリカンフットボールのシーズンを贈るよ。
たった今交渉がおわったんだ。
いやー。どういたしまして。

それはともかく、元気だったかね。
いや、元気だった事は知っているんだ。
ずっと見ていたからね。
いや、イヤらしい目で見ていた訳ではないんだ。
公共の場で、適切なときに、
兄またはスーパーヒーローのような視線で君たちの安全を心配して見ていただけさ。

もうひとつ見ていたものがあるんだが、何か知っているかい?
とても乱暴でキツいアクセントの英語を話す、
髪の長い男が私に決闘を申し込んでいるのだ。
本物の男なら、決闘の申し込みには口など使わず、
私の前に現れて、オフホワイトの手袋をはめた手で左右の頬に平手打ちを食らわせてくるはずなのだがな。
奴の哀れなやり口は、まるで湿ったスポンジで頬をなでられるような、
ちょっと、気持ちいい事も無くは無いが…
その想像をした瞬間私の脳には次の言葉が浮かんだ。


ファビオ、いいだろう。おまえの挑戦、受けて立とう。
男と男の、シャワールームの戦いだ。
明日正午、必ず来るんだぞ。私は行くからな。待ちきれないぜ。

============
だって。
早口の上に、話が飛ぶから大変なのよ。
訳するの。


で、
対決ページ
FABIOページ


それぞれ、Youtubeに出来ちゃってます。
やあ、大変だなぁ。


そして、まだまだ、続くのよー。


コメント