【映画】Melancholia メランコリアが早く観たい!予告編 (訳つき)

ぶっちゃけ、そんなに興味ありませんでした。

「あ、監督が差別的な発言してカンヌ追い出された映画ね」
くらいの無知さで。

しかーし、たまたま見たポスターがすごくキレイで
思わず見てしまった予告編がもっとキレイで鮮烈で
早くみたいっ。
と思ってしまいました。


〈ポスター〉




















〈予告編〉

 

 

 



///訳///
ジャスティン:
人は孤独で、命は地球にしか存在しない。
だけど、それも長くは続かない。


父親(ジャスティン&クレアの):
とても幸せそうだ。


母親(ジャスティン&クレアの)
せいぜい楽しんでちょうだい。私は結婚なんて大嫌いだけど。


ウェディングプランナー:
=====(聞き取れず!)


ジョン(ジャスティンの姉クレアの旦那):
君の家族は揃いも揃って正気じゃない。


クレア(ジャスティンの姉):
望んだ結婚じゃなかったの?


ジャスティン:
そうよ。


ジャスティン:
あの惑星はなに?


ジョン:
メランコリアは地球のすぐ側を通る。見たこともないくらい美しいはずだ。


マイケル(ジャスティンの結婚相手):
違ったんだ。


ジャスティン:
何を期待してたの?


クレア:
あの惑星が怖い。


レオ(クレアの息子):
パパがもうダメだって。


ジャスティン:
魔法の力を忘れてしまったのね。


クレア:
その瞬間は一緒に迎えましょ。





なんとも不思議な世界観。

タイトルのメランコリアは、鬱病という意味ですが
この作品の中では地球に迫りくる惑星の名前でもあります。

そして、キルスティン・ダンスト演じる主人公のジャスティンも
心に病を抱えています。冒頭では幸せそうなウェディング姿のジャスティンが、
どのようにして世界の終末に結びついて行くか、気になります。

あの映像にして、ジャンルはSFっていうのもなんか面白い。


監督は、「奇跡の海」や「ダンサー・イン・ザ・ダーク」のラース・フォン・トリアー。
個人的には「ドッグヴィル」が印象的。


日本でも年内に公開らしいので楽しみです。


やっぱり見終わったあと、
ズーーーーーーン
って気分になるのかな…。




yui



コメント