【short film】フェルトで出来てるのに思いがけず卑猥なスケルトン×spike jonze

もうすぐHALLOWEEN!ということで
スケルトン関連のショートムービー!


最初の発表は今年のカンヌ映画祭なので
少し時間経っていますが、SPIKE JONZE監督の
"TO DIE BY YOUR SIDE: そばで死ぬということ"




このショートムービーはスパイク・ジョーンズがハンドバッグデザイナーの
Olympia Le-Tanの繊細な作品に惚れこんで実現したものらしいです。
ちなみにOlympia Le-Tanの作品はすごくあたたかみがあって可愛らしいこんな感じ。
(あ、でもアート作品として全て一点ものなので、超お高い。。うん十万だとか、、。)


本の装丁を丁寧に再現したクラッチバッグ

説明不用のミルクパック風のバッグ


あまりにも好きだったので、サリンジャーの「ライ麦畑でつかまえて」のフェルト装丁の本を壁に飾る用に彼女にリクエストしたところ、快諾する代わりに映像作品でのコラボレーションをオファーされたとか。

シェクスピアのマクベスから出て来たスケルトンと、ドラキュラのお姫様が恋に落ちて
やがて…。

ロケーションはパリの歴史ある有名な書店Shakespeare and Co. bookstoreで行われ、ストップ
モーションアニメーションのために3000パーツ以上のフェルトが用意されています!


プチメイキングこちら:




最後のsokoの曲もいい♪



yui

コメント