【キャンペーン】時代はかくも変わりけりChevy Sonicのキャンペーンについて。

先日ご紹介さしあげた、Ok GoのPV
本文中にある通り、
ChevyのSonicという新車のキャンペーンと手を組んでました。
そのキャンペーンですが、新車初お目見えにちなんで、
『やった事無い事にチャレンジ!』という消費者参加型の物と、
『Sonic Stunts Sonicの初めて!』という大型仕掛け型の物を
Let's Do this(一緒にやってみようよ)というワードの基、
展開しています。

参加者がこれまでの人生でやった事の無い事にチャレンジをし、
そのシーンを撮影、HPにポスト。
毎月、一番人気のあったビデオ(写真)を投稿したチャレンジャーに
Sonicをプレゼントとするという物。
このページのLatest Proofという所に
チャレンジシーンが沢山のってます。
ちなみに、理解不能です。

で、もう一方のSonicの初めてですが、
これまでの車のキャンペーンとは一線を画す、
画期的な大型企画が盛り沢山。

デビューは『ソニックバンジー』
(色々、凝った仕掛けがあるので、追ってご紹介します。)

そして、以前にご紹介した、
さらに、
『時速約100kmまで0.4秒』企画

そして、Ok Go。

Super Bowlでは、コンピレーションバージョンが
『初Super Bowl』というタイトルで放映されています。

どれを見ても、
別に、走りとかスタイリングとかはどうでも良くって、
その車が持つイメージ自体の定着を狙っている感じがぷんぷん。
車のブランディングの方法が変わっている感じがしますねぇ。
これまでの手法が効かなくなっているのですかね。
なんだか、
とっても自分がおっさんになった気分になるキャンペーンでした。
けっ。


コメント