【広告賞】CLIO 2012 グランプリたち!

オズの魔法使いで竜巻に飲み込まれるドロシーを見て
「うっひょー。でも、ここは日本だから平気〜」
と思っていたのも今は昔、竜巻被害に巨大な雹…。

気を付けなっせ。いぇす。


そうこうしているうちに、世界三大広告賞の一つ(でも、カンヌライオンは
クリエイティブ祭へと名前を改めてしまったのでそのくくりはもはやちょっとアレですが…)
CLIO AWARDS 2012 の受賞者が発表されています。
まずは、中でもグランプリを受賞した作品をご紹介します。

13ある部門のうち、
インタラクティブ部門のグランプリはなんと日本!
国内外で各賞を総ナメのIntel の"The Museum Of Me"


オメデトウゴザイマス〜!!!


そして、フィルム部門ではChipotleというアメリカやカナダ、イギリスで展開
しているブリトーやタコスのチェーン店のオンラインフィルム
"Back To The Start (原点回帰)”がグランプリ!


Chipotleは、ファストフード大国のアメリカには珍しく、オーガニックや食材や
サステイナブルな環境作りを売りにしているお店だそうです。

そのブランドの姿勢を、ひとりの畜産家のおじさんの一生と四季を通してストップ
モーションアニメーションで描いています。効率よく豚で稼ぐことばかり考えて
商業主義に陥りかけるものの、ある気付きを経て安全で環境を考えた農業へと原点回帰
するおじさま。全編を通してほのぼのトーンで描かれつつ、薬で丸々太った豚がブロックになって出荷されていく様は結構ダークです。

音楽は、Coldplayの"The Scientist"。
それをカントリー歌手のウィリー・ネルソンがカバーして、
itunesでの曲の売り上げが全てファミリーファームをサポートする基金に寄付される、
なんて細かいところまで自社の理念に徹している感じはさすが。
ほんでもって、このThe Scientistの歌詞が自己回帰や自然回帰を歌っていて
絶妙にアニメーションにマッチしてるんです!




日本にはChipotle来ないのかぁ〜
メキシカンフード好きとしては気になります。




お腹がペコってきたところで
グランプリを受賞した部門のもうひとつ
イノベーティブメディア(innovative media)の作品については
また次回!





yui






コメント