【宇宙】火星に住みたい人この指と〜まれ!

52歳のサラ・ブライトマンが2015年に宇宙に行って
コンサートを行う予定、
というニュースを見て驚いたのもつかの間、
オランダの非営利団体Mars Oneが
火星に移住したい人を世界中で募集するらしいです!




2016年から通信衛星などの装備が火星に送られ、
2018年に惑星探査ローバーが到着。移住に適した場所を探索。
2020年に移住ユニット、生命維持ユニットが設置され、
2022年9月に最初の4名のクルーが地球を出発し7ヶ月かけて
2023年4月に火星到着。
その後2年ごとに4名ずつ人を増やし、10年後には20名のコロニーを
目指しているそうです。

なんと壮大な計画!
今年の前半には正式に募集が開始され、その選考の様子は
全てテレビのリアリティショーで放映される様です。

またまたぁ〜、面白いオチがあるんじゃないの?!と思って
Mars Oneのウェブサイトに行くと、
至極真面目に火星移住計画について語られています。
FAQでは、「てか、本気ですか?!」という質問が
一番上にあり、「マジです。」と…。

ちなみに、最初の4名が火星に到着するまでに60億ドルほど
かかると見込まれているらしいです。


火星旅行ではなく、一度地球を離れたら
もう二度と帰って来れない「移住」と聞くと
なんだかそれだけでドキドキします。


そんな私の様な小心者の人のために、
マグカップとかパーカーとか
MARS ONEのグッズを買って
この壮大なプロジェクトを応援しよう、という
ささやかなお知らせもウェブサイトにあります。


火星への夢、一口いかがでしょうか。。。



yui


コメント