更新が途絶えすぎ、うまく表示されない現象を反省して投稿です。

みなさま

ご無沙汰しております。
お変わりございませんでしょうか。

わたくしは、
体力・視力の低化
毛髪量の減少
体重の増加以外、
これといって変わりません。
というか、
すっかり、おっさんです。

おっさんですが、若者文化に触れて心を若々しく保とう。
という、あがき投稿です。

世界中のティーンエイジャーを虜にする、ジャスティン ビーバーさま
約1年前にリリースされた、SorryというシングルのMVのご紹介です。
2バージョン。気合い入ってます。

まず、カクカクした振付けのこれ。
Sorry Purpose: The movement バージョン


出演しているダンサーは、
ニュージーランドのReQuest Dance Crew とThe Royal Family dance creの皆さん。
Wikiペディア情報では、演出・振付け共にParris Goebelさん(ReQuest Dance Crewの所属するダンススタジオの主宰者)との事。
ちなみに、YOUTUBE上の男性アーティストのMVで最も早く10億回再生を獲得したビデオだそうです。
ちなみに、今日現在で、17億オーバー。すごーーーい。

そして、歌詞バージョン

これも、面白いよねー。
こうゆうタイトルの出し方がありましたか。
と勉強になります。
ちなみに、監督はVineの不思議ビデオで有名なZach Kingと猫のAaron Benitez.
ちなみに、こっちは2億3千毎回再生。
すごーーーーい。

ジャスティンさま
このシングルだけでなく、他の曲もご本人バージョン+Movementバージョンとか色々と面白い試みをなさってるのね。
おっさん、知りませんでした。
バンバン稼いで、バンバン面白い物を世に出していって欲しい物です。

という訳で久々のあがき投稿。
これからは、もう少しまじめに更新します。

どうぞごひいきに。

てか、ネタがふるいよね。
ごめんなさい。

ファビオ











コメント