映像 | ハロウィーンのデコレーションの新しい(のか?)形のご紹介


10月といえばハロウィーン。
ハロウィーンといえば仮装。
ですが、
本日はデコレーションのご案内。

あら、ハロウィーンにもテクノロジーの波が押し寄せてきてるじゃないの。
プロジェクションマッピングとか、ARとかの進化系かしら?
と思い調べて見ました。

企画・制作をしているのは
2006年にアトラクションやエンターテイメント用のVFXの開発をする会社として出発し、
次第にデジタル・デコレーションの可能性を探ってゆき、現在に至る模様。

ハロウィーンだけでなく、Easter お正月等々季節折々のイベントに合わせてご用意ございます。

肝心の造影方法ですが、なんと、
プロジェクターで投影するだけ...
もしくは、テレビでDVDを流すだけ...
マッピングも、AIもなし!
しいていえば、
いい感じに透過する布準備して吊るすぐらい!
コンテンツの力一本勝負!


7月に公開されたSFホラーのLIFEも、
グリーンなし、セット撮影だったらしいし、
昔からの手法も捨てたもんじゃないですね。

いやーーー、大切なのはアイデア。
心に刻んておきます。

Taki










コメント