今更カンヌネタその14: エンターテイメント ライオンズ オーディオビジュアル ブランデッドコンテントセクション ノンフィクションカテゴリー グランプリ 5B

エンターテイメントライオンは
コンテント自体を文化にまで昇華させたクリエイティビティを讃える賞。
ブランドメッセージの伝達やこれまでにない新しい形で生活者と繋がるために作られた作品。
だそうです。

でそのグランプリは
サンフランシスコ総合病院で世界初のAIDS病棟を作った看護師にスポットライトを当てた
カンヌ映画祭でもスクリーニングをされたり、配給されたりと映画ともしてちゃんとしている作品で、
8月27日からストリーミングで見られるようになるようなので是非見てみてください。
ああ、人の役に立つ仕事というのはやりがいがあるのだな。としみじみ思います。

クライアントはJonson&Jonson.
ついベビー用品を思い出してしまいますが、実はベビーに限らず総合ヘルスケアカンパニー。
そして、同社は設立からずーーーーーっと看護師さん達の応援隊。
それを正しい方法で世に知ってもらうためにこの題材を選んだそうです。

会社の存在はもちろんですが、コミュニケーションに目的を感じるもんね。
素晴らしいグランプリでした。

念の為5Bのトレーラー貼っときます。↓

コメント