2019カンヌ No.20 | グランプリ for Good | Generation Lockdown 訳付き

2019年カンヌシリーズ、記念すべき20カテゴリーに到達!
「今更」を通り過ぎてしまったので、記念にタイトル変えました。
やってる事は一緒です。

公共広告・非営利団体・慈善事業の為に制作された作品で、
ゴールドライオンを受賞した作品が対象のグランプリ for Good。
今年はアメリカで銃規制を求めるMarch for our lives
GENERATION LOCKDOWNが受賞です。
ビデオを見ていただくのが一番。
ざっくり訳つけました。
重たい内容ですが大切な事なので最後までぜひ。





オールスタッフミーティング
National City, Calfornia

おはようございます。
チームビルディングイベントようこそ。
本日のテーマは「銃乱射事件に遭遇してしまった時」です。
チームビルディングイベントをリード頂く、エキスパート。
ケイリーさんです。

もし今乱射事件に遭遇してしまったら全員即死。
大声でおしゃべりは、銃撃犯に自分の場所と隠れ場所を教えているのと同じ事。

しっかりと覚えておく為に「一番静かにじっとしていられるのは誰?」というゲームをします。

入り口にテーブル・机を押し付けて開けづらくする事で、友達を守る事が出来るかもしれません。

中を見えなくする為にドアのガラスを紙で覆う事も忘れては行けません。

もちろん、泣いてはいけません。自分の場所を言いふらしているみたいな物ですから。

トイレにいた場合には、トイレの便座に上がりしゃがむ事で足も頭も隠す事ができます。

まじかよ

しっかり外の音を聞く事で警察に有益な情報を提供出来るかもしれません。

例えばバンバンバンバンと多くの銃声が聞こえる場合は、銃撃犯は廊下の先にいる可能性があります。
もしくは、大きな銃声がバーン・バーンと聞こえる場合はドアそすぐ側にいる可能性があります。

銃撃犯が部屋に入ってきても、叫んだりしてはいけません。
なんとか戦わなくてはいけません。

もし脱出が困難な場合に備えて、「緊急時窓脱出プラン」を習得しています。
窓ガラスを割り、洋服でカバーした窓枠超え脱出します。

きちんと覚えていられるように先生がよく歌を歌ってくれました。


ロックダウン ロックダウン さあ、みんなで隠れよう。
ドアを閉めて中にいよう。
しっかりしゃがんで音立てないで。
ないちゃだめだよ。
みつかるよ。


ケイリーの通う学校を含めアメリカの95%のパブリックスクール
ではロックダウン訓練が行われています。







コメント