2019年カンヌライオンズNo.27 | PR Lions | The Tampon Book by The female company ざっくり解説つき

さて、残す所あと2カテゴリ。
ラスト前はPR  LION の グランプリは
ドイツで生理用品の企画販売を手がけるThe Female Company.

ドイツの消費税の標準税率は19%。
そして、日本でも導入された軽減税率が7%。
軽減対象となるのは食料品や生活必需品、本などなど。

キャビア、トリュフなんかは軽減税率対象のなのに、
生理用品は対象でない事に異議を唱えたのがこのキャンペーン。

なんとか7%でタンポンを販売する為に考えついたアイデアが、
軽減税率対象の本としての販売。
本の内容は税制に存在する男女不平等など含みタンポン15本と月経に関する情報40ページ。
10000冊の初版は販売当日売り切れ・2刷も1週間のうちに売り切れ。
インフルエンサー・メディアの間で話題沸騰、最終的には正式な場で生理用品の税率についての検討までこぎつけた。

というキャンペーンでした。

Creative Effectivenessのカールフールもそうだったけど、
一民間企業のキャンペーンが法律を変えちゃうあたり、ヨーロッパと日本の大きな違いを見た気がします。そして、The female shopの商品写真でも同じことを感じました。
意図は分かるが、陰翳を礼讃したいわたしにはちょっとねえ。直接的すぎ。





コメント